米Adobe Systems、Adobe Digital Publishing SuiteとWeb管理サービス「Experience Manager」を連携

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Adobe Systems(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間2月27日、同社が販売する電子雑誌制作アプリ・ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」と、クラウド型のWeb素材管理サービス「Adobe Experience Manager」を連携可能にしたことを発表した。

 Adobe Experience Managerは、画像やリンクデータなどWebデザイン素材をAdobe社のクラウドストレージに置くことで、複数のPC向け・スマートフォン向けなどを一括更新・管理できるサービス。今回、Adobe Digital Publishing Suite側からも同サービスをアクセス可能にしたことで、たとえば雑誌出版社はWeb版雑誌とアプリ版雑誌の素材共有が容易になるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Adobe社の公式ブログ( http://blogs.adobe.com/digitalpublishing/2014/02/new-integration-of-dps-and-experience-manager-drives-consistency-across-rich-content-mobile-apps-and-web.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ