Adobe社のデータ流出問題でついに各アカウントのバスワードが解読される、人気No.1は「123456」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のパスワード解析ベンチャーStricture Consulting Group社(本社:米国ワシントン州)が、先月Adobe Systems社(本社:米国カリフォルニア州)が発表した会員データ流出事件について、1.3億人のパスワード解析実験を行なったとのこと。

 最大1.5億人分のユーザー会員が流出した可能性がある本事件では、会員のパスワードは暗号化されているためとくに大きな支障はないとされていたが、Stricture Consulting Group社は実はそれらも簡単に復号できることを発見。

 同社では参考としてAdobe流出アカウントTOP100を公開し、圧倒的人気No.1が「123456」であることも発見したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:AdobeユーザーのパスワードTOP100( http://stricture-group.com/files/adobe-top100.txt

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: