Apple社、電子書籍の一部を友人に有償コピーするシステムを特許出願中

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のMac系ニュースサイト「AppleInsider」によると、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)が、電子書籍の一部を友人に有償コピーするシステムを特許出願中とのこと。

 2012年に審査申請されたこの特許では、1)iBooksの読者がともだちにコピー送信したい箇所を選択、2)Apple社が1)の人物に課金、3)ともだちに当該コンテンツを送信、というフローを想定。

 電子書籍の内容のコピー&ペーストについては多くの出版社が神経質になっており、DRMをかけるケースが一般的となっているため、課金代行することでそれを解決したい狙いがあるようだ。【hon.jp】

問合せ先:AppleInsiderの記事( http://appleinsider.com/articles/13/10/24/apple-patent-filing-hints-at-future-ibooks-gifting-options

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告