英政府、図書館での電子書籍貸出しについて、公共貸与権の対象とすることを作家団体Society of Authorsに公式伝達

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、英国のEd Vaizey文化相が図書館における電子書籍の貸出しについて、作家団体The Society of Authors(本部:英国ロンドン市)に公共貸与権の対象とし、予算確保したことを公式に伝達した。

 公共貸与権とは、図書館などが書籍の貸出しなどを行なう際に、著者にその補償金を支払うという制度(注:日本にはこの制度がないため、出版界と図書館界の軋轢の原因となっている)。英国議会は3年前、世界で初めて電子書籍もこの公共貸与権の対象に入れようと試みたが、決議直前の与野党調整で見送られている。

 今回Ed Vaizey文化相の文書によると、来年6月から試験的に現行予算から配分し、年間674万英ポンド(約10億円)程度とすることを約束している。【hon.jp】

問合せ先:米Telereadの記事( http://www.teleread.com/uk/vaizey-letter-confirms-public-lending-right-for-uk-ebooks/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事