インドの公的IT教育研究機関SIET、音声検索にも対応したインタラクティブ電子書籍の制作システムを開発

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】インドのThe Hindu新聞の報道によると、政府系でケーララ州管轄の公的IT教育研究機関State Institute of Educational Technology(本部:インド・ケーララ州,以後:SIET)が、音声検索機能に対応したインタラクティブ電子書籍を制作するシステムを開発したとのこと。

 SIETでは、もともと「dynamic e-textbook」と呼ばれるインタラクティブ電子教科書閲覧PCシステムを開発しており、ビデオ・音声などのインタラクティブ要素の再生に加え、視覚障碍者のために音声検索機能と点字キーボードも実現していた。今回発表されたのはその応用版で、一般的なスキャン書籍データから、タブレット機やスマートフォンなどクロスプラットフォームでも閲覧できる音声検索・音声合成対応の電子書籍が制作できるシステムになっているとのこと。

 記事によると、この電子書籍制作システムについて、アフリカなど海外の教育機関からも問い合わせが多くきている模様だ。【hon.jp】

問合せ先:印The Hindu紙の報道( http://www.thehindu.com/news/cities/Thiruvananthapuram/siet-readies-visual-ebook/article3999765.ece

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告