Apple社、EPUB電子書籍やPDF教材が配布できる電子教材ポータル「iTunes U」を小・中・高校教師にも解放

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間7月26日、iPhone/iPadユーザー向けに提供している無料電子教材ポータル「iTunes U」のアプリをアップデートし、さらに教材投稿基準を緩和した。

 iTunes Uは、もともと大学がApple製品を使う学生ユーザー向けにWebリンク・ビデオ・PDF教材・EPUB電子書籍を配信するための仕組みだったが、同日からその対象範囲を小・中・高校教師レベルにまで緩和。教師(Apple ID必要)あたり無料で最大12コースをプライベート配信でき、Apple側の審査も必要ない(注意:ただし、iTunes Uポータル上に掲載させたい場合は審査あり)。

 学校機関としてiPad・iPhoneを正式導入していなくても、偶然iPhoneユーザーが多いクラスなどで電子教材を配信したい教師にはいいニュースだろう。【hon.jp】

問合せ先:iTunes Uの概要サイト( http://www.apple.com/jp/education/itunes-u/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事&広告