Google Book Search裁判が再開、米作家団体The Authors Guildが当事者確認書類を裁判所に提出

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】2005年に始まり、2008年から一旦和解協議で中断していた「Google Book Search訴訟」がついに再開した。

 現地報道よると、米作家団体The Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)と作家複数名は現地時間の12月12日、全米の小説作家の代表として、本裁判に向けた最初の手続きとなるクラスアクション当事者確認申請書を米ニューヨーク連邦地裁のDenny Chin判事に提出したとのこと。近日中にも、Google側はこれに対し、“フェア・ユース規定”を盾に訴えそのものの棄却を請求するものと思われる。

 なお、前回原告側に参加した全米出版社団体のThe Association of American Publishers(同)は、Google側と密かに別の和解協議を進行させている模様で、今回の連名には加わっていない。年明け早々、日本を含む世界中の出版関係者が、再びこの法廷闘争に翻弄されることになりそうだ。【hon.jp】

問合せ先:The Authors Guildが提出した書類( http://thepublicindex.org/docs/motions/990-memorandum-in-support.pdf ※注:PDF形式)

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事