本のプロ向け書誌情報配信サービス「BooksPRO」利用書店がオープンから1カ月弱で1000店舗突破

BooksPRO
BooksPRO

《この記事は約 2 分で読めます》

 一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)の出版情報登録センター(JPRO)は4月6日、本のプロ向け書誌情報配信サービス「BooksPRO」の書店登録数が、3月10日のオープンから1カ月足らずで1000店舗を突破したことを発表した。

 「BooksPRO」は、出版社がJPROへ登録した最大半年先までの近刊情報、既刊情報、重版情報や、メディア化情報、テレビでの紹介情報、新聞広告など、出版社からの販促情報も閲覧できる本のプロ向けサービス。

 JPOが全国すべての新刊書店に付番した共有書店コードをログインIDとし、新刊を扱う書店なら誰でも利用できる。書店からのアクセスが多いのは「販促情報」で、「拡材いろいろ」にアップロードされたPOPやチラシなどが活用されているようだ。

 JPROを利用している出版社は1685社で、書誌登録点数は計243万8000点、うち電子版は23万7714点(3月末時点)。電子版は昨年10月から12月まで登録無料キャンペーンを実施、昨年9月末時点から6カ月間で2万2264点増加した。また、登録されている割合は新刊委託配本比で81.1%、書籍のみでは86.2%とのこと(2月末時点)。

参考リンク

「BooksPRO」オープン時の記事(2020年3月10日)

 一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)は3月10日、出版情報登録センター(JPRO)のB向け書誌情報配信サービス「BooksPRO」をオープンした。書店員など本のプロへ向け、書誌情報やプロモーション情報なども提供していく。 JPROは、紙と電子の書誌情報を出版業界自身の手で一元管理することを目指し、2014年に設立された。出版権設定情報の登録管理と合わせ、基盤の整備を進めてきた。一般向けには、出版書誌データベー...

広告

著者について

About 鷹野凌 602 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / / / /