米Barnes & Noble社、第1四半期は電子書籍関連事業が前年比140%増。全売上高の20%に

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

編集部記事】米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間8月30日、2012会計年度第1四半期(7月30日締め)の業績を発表した。

 第1四半期の総売上高は、全同期比2%増の14億ドル(約1,079億円)。オンライン店舗のBN.comの売上高は前年同期比65%増の1億9800万ドル(約152億円)。Nook関連事業は、前年比140%増の2億7700万ドル(約213億円)で全体の約20%を占めた。「Nook」電子書籍端末シリーズの好調な販売と前年同期比で4倍に増加したデジタル・コンテンツの販売が貢献した。

 全体としての収支は5,700万ドル(約44億円)の損失。同社は2012計年度通年の予測として、売上高は74億ドル(約5,700億円)、BN.comの売上高は60%から70%増、Nook関連事業の売上高は前年の2倍の18億ドル(約1,390億円)に達するとしている。【hon.jp】

問合せ先:Barnes & Noble社のプレスリリース( http://www.barnesandnobleinc.com/press_releases/2011_august_30_1st_quarter_earnings_2012.html

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。
NovelJam 2018秋 グランプリ贈賞式&審査員トークセッション
About hon.jp Staff 7897 Articles
2018年3月31日で解散した株式会社hon.jpの、当時のスタッフによる記事アーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」は2018年10月1日より、「HON.jp News Blog」へ名称変更・リニューアルしています。