音声認識AIで文字起こし「easy writer」正式サービス開始

easy writer
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社Books&Companyは8月1日、AI文章生成サービス「easy writer」の正式サービスを開始した。音声認識AIにより、音声データを簡単にテキストデータへ変換し、編集作業や確認も行えるツールとなっている。

 easy writerは、同社代表の野村衛氏が編集者として2000人以上にインタビューし数多くの原稿を書いてきた経験をもとに設計したサービス。基本機能としては、句読点の自動付与や、文章の切れ目での強制改行、録音・再生機能、相手のプロフィールなどを事前に入力しておけるメモ機能、変換したデータファイルのアップロードと共有機能、Wordファイルへのエクスポート、Google検索ウィンドウ、15秒単位で音声データとテキストデータの紐付けおよび管理なども可能となっている。インタビューや会議事など、音声同時入力にも対応している。

easy writer
easy writer 画面イメージ

 音声データは第三者へ提供されることなく、当サービス内でのみ保管される。また、音声データはすべて数十秒単位に暗号化されデータベースへ保管されるので、第三者が音声データ全体を把握できないようになっている。AIによる文字起こしと同時に、形態素解析技術を用いて句読点と強制改行処理を行っている。料金は月額2万円(税別)で、月に20時間まで文字起こしができる。編集作業など、文字起こし以外のサービスは常時使える。無料で10分トライアルできる。

参考リンク

easy-writer
https://www.easy-writer.jp/service/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 320 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / /
最新順 古い順 最も投票された
金谷和廣
Guest

いいね


関連コンテンツ