米Amazon、電子書籍端末「Kindle」で電子教科書レンタルサービスを開始、メモやハイライトはクラウドに保存

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間7月18日、同社が販売する電子書籍端末「Kindle」シリーズ上で電子教科書のレンタルサービスを開始すると発表した。最大80%費用を削減できるとしている。

 今回発表された「Kindle Textbook Rental」サービスは、Kindleストアで教科書を貸し出すサービス。学生は貸出期間を30日から360日のあいだで自由に設定でき、延長や購入も可能。自分がつけたメモやハイライトはすべてAmazon Cloudに保存されるので、貸出期間が終了した後も閲覧可能とのこと。

 電子書籍の販売と同じく、各デバイス向けのアプリ経由で利用でき、同期機能も利用できる。【hon.jp】

問合せ先:Amazonのプレスリリース( http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1586008

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: