『さすらいのキャンパー探偵 降らなきゃ晴れ』香納諒一/双葉社/8月9日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 愛車のフォルクスワーゲン・タイプ2を駆って各地をさすらう辰巳翔一。人は彼を「キャンパー探偵」と呼ぶ。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

さすらいのキャンパー探偵 降らなきゃ晴れ

香納諒一/双葉社

内容紹介

さすらいのキャンパー探偵 降らなきゃ晴れ いきなり文庫で、3カ月連続刊行!(各巻3話収録)

【あらすじ】

 架装したフォルクスワーゲン・タイプ2をねぐらに、フリーのカメラマンと探偵の二足の草鞋を履く辰巳翔一。富士山の撮影で訪れた精進湖で、同じく天気待ちをしていた岩井という男と知り合うものの、数日後、彼が死体で発見される。

 直前に岩井のバンが車上荒らしに遭っていたことに不審を覚えた辰巳は、持ち去られたカメラの行方が気になる。アマチュアカメラマンは何を目撃し、カメラに収めたのか? 辰巳はその死の真相を追う。(「降らなきゃ晴れ」より)

漂白の探偵が出遭った三つの事件。表題作ほか2編を収録。

【著者紹介】

1963年横浜生まれ。早稲田大学卒業。出版社勤務の傍ら、91年「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞を受賞し、92年『時よ夜の海に瞑れ』で長編デビュー。本格派ハードボイルド作家として注目を集め、99年『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞長編賞を受賞。他に、『梟の拳』『贄の夜会』『ステップ』『完全犯罪の死角』『絵里奈の消滅』『新宿花園裏交番 坂下巡査』など著書多数。

 「さすらいのキャンパー探偵」シリーズ予告

 第2弾『水平線がきらっきらっ』9月13日刊行!

 第3弾『見知らぬ町で』10月13日刊行!

出版情報

発行形態:文庫・新書
ISBN:9784575522495
税抜価格:¥620 (JPY)
ジャンル:ミステリー/サスペンス
刊行日:2019/08/09
「すぐ読み」作品(※承認待ちなしですぐ読めます)

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/170084

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 453 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連コンテンツ