『幼女とスコップと魔眼王 1』丁々発止/講談社/6月5日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 一人の幼女と出会い、自分の眼に禍々しい力が宿っていると気づいたとき、継人の物語は動き出したのだった。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

幼女とスコップと魔眼王 1

丁々発止/講談社

内容紹介

幼女とスコップと魔眼王 1 とある事件をきっかけに、憎しみと後悔のうちに人生を終えた高校生の炭原継人。

 死んだはずの彼が目覚めた場所は見知らぬ洞窟の中だった。見渡すとそこは、天を貫く刺のような巨大な山々がそびえ、現代文明が浸透しているとはとても思えない世界だった。

 明らかに地球ではないその世界で、継人は洞窟の岩石堀りの仕事に就く。そのさなか、一人の幼女と出会い、自分の眼に禍々しい力が宿っていると気づいたとき、継人の物語は動き出したのだった。

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。

おすすめコメント

 刊行決定とほぼ同時にコミック化企画が進行した、期待のタイトルです。現世で不本意なまま死んでしまった主人公・継人が異世界に転生する…まではよくあるお話ですが、見知らぬ世界でたくましく生きるさまを丁寧に描写して、導入部から読み応え満点です。そして! タイトルにもある「幼女」はカバーイラストにもある羊人族の少女・ルーリエのこと。真っ直ぐと言えばあまりに真っ直ぐな正義感の持ち主で、時にはその小さな体を挺しても継人を守り、読む者の心を熱くさせます。まっとうなファンタジー小説の誕生です。どうかご期待ください。

――担当編集者より

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784065152270
税抜価格:¥1,200 (JPY)
ジャンル:SF/ファンタジー , ラノベ
刊行日:2019/06/05

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/165133

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About HON.jp News Blog編集部 218 Articles
HON.jp News Blogは、デジタル革命により激動の時を迎えた出版という営みの未来を拓くため、革新的(イノベーティブ)な動きや考えをニュース・コラムなどの形で紹介・解説・提案する非営利のメディアです

コメントする

avatar
400
タグ: / / /

関連記事