ノーベル文学賞、セクハラ対策を実装して今秋から再開

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 アカデミー賞選考会員の夫が受賞者の名前を事前に漏らしたり、セクハラなどに問われ、有罪となったことに端を発し、昨年のノーベル文学賞は発表されずにいたが、選考基準や会員の交代などを経て今秋から再開されると発表された。

 フランスの自称写真家、ジャン-クロード・アルノーは、ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの会員カタリーナ・フロステンソンの夫で、選考過程や受賞者をいち早く知ることができるという立場を利用し、スウェーデン王女を含む少なくとも18人の女性に対し性的暴行、セクハラなどの罪で起訴され、2年半の刑期を言い渡された。

 この事件が元で、フロステンソンを始め、サラ・ダニウス委員長を含む過半数のアカデミー会員が辞任したことにより、2018年のノーベル文学賞が選考不可能となった。

 3月5日のアカデミーからの発表では、こういった経緯は一切言及されず、改めて会員を選出した上に、外部のアドバイザー5人を雇ったことなどが挙げられている。今秋のノーベル文学賞発表は、2018年度の分と合わせて選ばれる。

参考リンク

パブリッシャーズ・ウィークリーの記事
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/awards-and-prizes/article/79431-after-changes-the-nobel-prize-for-literature-returns.html
ノーベル文学賞の選考過程
https://www.nobelprize.org/nomination/literature/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

ノーベル文学賞セクハラスキャンダル続報  ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミー会員のカタリーナ・フロステンソンの夫であり、写真家のジャン=クロード・アルノーは、2011年に起きたデートレイプ2件で起訴された。立件されれば禁固刑3年となる。判決は10月1日に発表される見込みだと、報道の自由と人権を推進するヨーロッパのDWアカデミ...
代替ノーベル文学賞候補にN・ガイマン、村上春樹ら  セクハラ騒動が発端となり選考員が不足し、今年のノーベル文学賞授与を見送ったスウェーデン・アカデミーに代わり、スウェーデンの文化人らが立ち上げた文学賞の最終候補が発表になったと英ガーディアン紙が伝えている。  この賞は日程こそノーベル文学賞を踏襲しているが、少数の匿名の選考員ではなく、スウェー...