米Googleが「Googleドキュメント」に欧文OCR機能を追加、Google Book Searchの技術を使用

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Google社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の6月22日、同社の無償オンラインOfficeドキュメントサービス「Googleドキュメント」に、欧文OCR機能を追加した。

 この新機能はPDF/画像いずれかの形式ファイルのアップロード時のみに使用できる機能で、ユーザーがGoogleドキュメントにファイルアップロードする際に選択オプションとして表示される。OCR技術自体は、同社の書籍検索サービス「Google Book Search」のものを採用しており、英・仏・独など欧文のみ対応(日本語OCRは不可)。全自動であるという性格上、OCRそのものの精度は低いが、他言語については随時追加対応していきたいとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:Googleブログの記事( http://googledocs.blogspot.com/2010/06/optical-character-recognition-ocr-in.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ