Google Book Search和解問題が火ダネ? 米消費者団体が司法省に本格介入要請、Google社の分離・分割論争も

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、米消費者団体のConsumer Watchdog(本部:米国カルフォルニア州)が現地時間の21日、米司法省に対し、Google社を独占禁止法違反の疑いで本格調査するよう公式要請したことを明らかにした。

 公開された手紙によると、Consumer Watchdog側は「Google Book Search和解問題における司法省の毅然たる姿勢は正しい」とし、「さらに大きな問題についても行動するべき」と独占禁止法違反の本格調査に着手するよう要請。さらに別案としてGoogle社の分離・分割も提案しており、今後米国内で大きな議論を巻き起こしそうな気配になっている。

 今年2月からずっとニューヨーク連邦地裁のDenny Chin判事の判断待ちとなったままのGoogle Book Search和解問題だが、今回のConsumer Watchdog側の主張の根拠にされたことで、さらに状況が複雑化しそうだ。【hon.jp】n

問合せ先:Consumer Watchdogの声明文( http://www.consumerwatchdog.org/corporateering/articles/?storyId=33891

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ