セルシス、「国際コミック・マンガスクールコンテスト」を1月30日から開催

国際コミック・マンガスクールコンテスト
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社セルシスは1月30日より、マンガ・イラスト・デザイン・アートなど美術系の学校や部活動に参加している学生を対象とした、「国際コミック・マンガスクールコンテスト」を開催する。テーマは「贈りもの」で、応募期間は5月9日まで。

 このコンテストは、世界各国の若手クリエイターの支援やマンガ・コミック制作の裾野拡大を目的としている。入賞者には、賞金や賞品が進呈されるほか、協賛各社のメディアに作品が掲載される可能性がある。制作はデジタル、アナログどちらでも構わないが、応募はデジタルデータに限る。

 コミック部門はオリジナルのカラーまたはモノクロで、ページ形式なら8~48ページ、ウェブトゥーン形式なら30コマ以上690×2万ピクセル以下。言語に制限はない。グランプリ受賞作品は、セリフを日本語、英語、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語に翻訳して発表される予定になっている。イラスト部門はカラーのみ、ファイルサイズは5MB以下で、A4サイズで300dpi(2480×3508ピクセル)が推奨されている。

 審査員はコミック作家のCameron Stewart氏、Javier Fernández氏、マンガ家・イラストレーターのケンニイムラ氏、田村吉康氏。応募にはまず、学校の先生が参加校登録をする必要がある。その後、エントリーフォームから学生自身が応募する。参加校登録の締切は4月7日。応募規定など詳細は公式サイトにて。
 

参考リンク

国際コミック・マンガスクールコンテスト公式サイト
https://www.clipstudio.net/promotion/comiccontest/ja/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 293 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: /

関連コンテンツ