2018年は英米でオーディオブック“元年”となるのか?

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 イギリスでオーディオブックは正式に2018年出版のトレンドになった、と主張するのは経済誌フォーブスのアダム・ロウ記者で、英出版業界紙「ザ・ブックセラー」で2017年の売上は前年比45%増の9700万ポンドに上ったことを受けてこれを評したもの。

 消費者が紙の本からデジタル版に移行する過程で、オーディオブックはどの出版社にとっても重要な位置を占めるようになってきている。例えばハーパーコリンズでは、この第1四半期にダウンロードできるオーディオ版の利益がデジタル版全体の25%に達したとしており、一方、サイモン&シュスターも同社におけるオーディオ版の売上が同時期に43%上昇した。両社とも今年はオーディオ版を10%引き上げる予定だ。

 オーディオブック最大手のオーディブルも売上が伸びているが、アマゾン傘下であるため、売上や利益の数字を公表していない。ロウ記者は、オーディオブックは「大人の塗り絵」のような一過性のトレンドではないと見ている。

参考リンク

フォーブスの記事
https://www.forbes.com/sites/adamrowe1/2018/08/31/audiobooks-are-officially-the-publishing-industrys-2018-trend/#5b1728935e8f
ザ・ブックセラーの記事(有料)
https://www.thebookseller.com/news/audible-grows-revenue-45-over-97m-852751

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...
ブレグジット前のロンドン・ブックフェアで仏出版社がとばっちり  3月29日の期限ギリギリまで揉めそうなイギリスのEU脱退(ブレグジット)を目前に、3月12日から14日にロンドンで開催されるブックフェアには、ヨーロッパ大陸の出版社がこぞって出展する。中でもフランスでは、国際フランス語出版局(Bureau International de l'édition Fr...
米セルフパブリッシング人材紹介のReedsyがディスカバラビリティサービスを開始  少しでも多くの読者の目に留まるよう、セルフパブリッシングの著者が自腹を切ってフェイスブックやアマゾンで広告を買う中、このコミュニティーに編集者やデザイナーなどの人材リソースを紹介してきたReedsy(リージー)は、「Reedsy Discovery」という販促サービスを開始した。[編注:ディスカバ...
オープンアクセスに応じないエルゼビアをカリフォルニア大学がボイコット  学術論文へのオープンアクセスが求められる風潮の中、公共資金による研究成果へのオープンアクセスを目指す米カリフォルニア大学は、論文などの学術資料へのアクセスに高額な料金を課す大手出版社エルゼビアの購読を中止したと発表した。8ヶ月にもわたる契約更新交渉を重ねてきたが合意に至らず、今回の決裂となった。...
英ブッカー賞の新スポンサーはカリフォルニアのIT長者夫婦  18年間、資金支援をしてきたマン・グループに代わり、来年からブッカー賞のスポンサーとなるのは、セコイア・キャピタルで巨万の富を築いたカリフォルニアのIT長者夫婦のチャリティー基金「クランクスタート」との発表があった。  マイケル・モリッツとハリエット・ヘイマン夫婦は2人ともライターでもある。...