オープンソースのEPUB電子書籍エディタ「Sigil」、EPUB3正式対応に向けVersion 0.8.9をリリース

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、オープンソースのEPUB電子書籍エディタ「Sigil」が現地時間の9月24日、最新版となるVersion 0.8.9を公開したとのこと。

 Sigilは、EPUB電子書籍の編集者たちの間で定番となっているフリーのエディタの1つで、Windows/Mac/Linux版パッケージが用意されている。もともとEPUB2専用エディタとして設計されているため、昨年からプラグイン機能を追加し、暫定的にEPUB3への変換に対応していた。

 なお、Version 0.8.9では土台のPythonバージョンやコンパイラを刷新し、次期0.9で正式にEPUB2/3に両対応させる予定とのこと。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://teleread.com/uncategorized/sigil-e-book-editor-moves-closer-to-epub-3-via-new-pre-release-plus-overview-of-calibre-for-editing-books/