「現在のDRMは電子書籍アプリの使い勝手を悪くしている」ニューヨーク市立図書館が電子書籍ビューワ開発プロジェクト立ち上げ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」によると、ニューヨーク市立図書館などが電子書籍ビューワの使い勝手の悪さを改善するため、独自のビューワアプリ開発プロジェクトを立ち上げた模様。

 このLibrary Simplifiedプロジェクトは、多数の公営図書館と共同で行なわれるもので、OverDrive社など既存の電子書籍ビューワアプリの使い勝手の悪さを解決するためのもの。とくに、ユーザビリティの悪さの多くはDRM設計に起因するとし、より来館者たちにやさしい新DRM方式の提案なども盛り込んでいく計画となっている。【hon.jp】

問合せ先:米Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/ebooks/new-e-book-software-on-the-way-from-new-york-public-library-relief-ahead-for-drm-tortured-patrons/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: