EU最高裁で判決「図書館が紙書籍を電子化する場合は、著作権者の許可は必要ない」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米The Christian Science Monitorサイトによると、EU最高裁判所(本部:ベルギー・ブルッセル市)が現地時間9月11日、図書館の書籍デジタル化について、著作権者の許諾は必要ないという判断を下したとのこと。

 これはドイツのDarmstadt工科大学図書館と出版社Eugen Ulmer Verlagの2者間で争われていたもので、「公共に知識を提供する図書館の業務にかなう」として、大学側が著作権の有無を問わず、許諾なしに紙書籍をデジタル化して館内端末に配信することを認めた。

 これにより、館内利用に限られるが、EU圏では図書館が著作権あり・著作権切れを問わず、紙書籍をデジタル化できることになる。【hon.jp】

問合せ先:Christian Science Monitor紙の記事( http://www.csmonitor.com/Books/2014/0917/European-court-rules-that-libraries-can-digitize-books

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: