革製カバーを標準搭載したことに不満、完全菜食主義者たちが電子書籍端末「Kindle Oasis」仕様変更を求める

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】米The Next Webによると、昨日Amazon社(本社:米国ワシントン州)が発表した新・電子書籍端末「Kindle Oasis」の仕様変更を求めるネット運動が、完全菜食主義者(ビーガン)たちの間で始まったとのこと。

 欧米圏、とくに米国西海岸で生活したことがある人なら誰でも知っている話だが、菜食主義者の中でも、特に徹底して動物肉・動物性たんぱく質を拒否する完全菜食主義者たちのことを通常Vegan(ビーガン)と呼ぶ。昨日、Amazon社が発表した電子書籍端末「Kindle Oasis」のウリは充電バッテリ内蔵カバーを標準搭載している点だが、その表面素材は革製。

 米国のネット署名運動サイト「Change.org」で、カバー素材を他素材に変更選択できるか、もしくは革素材の採用をやめるようAmazon社に求めるキャンペーンが始まったとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Next Webの記事( http://thenextweb.com/gadgets/2016/04/14/vegans-are-mad-at-everything/

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事