電子書籍決済代行ベンチャー米Ganxy、出版社向けにバンドル売り代行サービスを追加

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍専門の決済代行ベンチャーGanxy(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間4月12日、自社直販サイトを持つ出版社向けに、バンドル売り機能を追加したことを発表した。

 2012年創業のGanxyは、Paypalやクレジットカード決済に対応した個人作家向けの決済代行プラットフォームで、作家自身がブログやFacebookページ上で直接電子書籍ファイルが販売可能。今回追加されたバンドル売り機能「Ganxy Bulk Sales」は出版社向けのもので、読者がまとめて購入したい電子書籍リストをGanxy側に申請すると、Ganxy側が出版社と交渉代行。約定したバンドル価格を読者に提示、決済代行する。【hon.jp】

問合せ先:Ganxyの公式ブログ( http://blog.ganxy.com/selling-18000-worth-of-books-a-second-automate-ebook-bulk-sales/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ