英作家団体Society of Authors、複数の有名会員が貧困状態にあることを明らかに、原因として絶版問題を指摘

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英The Booksellerによると、英国の作家団体The Society of Authors(本部:英国ロンドン市)のNicola Solomon代表が、複数の有名会員が貧困状態に陥り、同団体の支援基金から援助金を受けているとのこと。

 記事によると、Solomon代表は、有名作家であるにもかかわらず貧困に陥った原因として、過去作品が出版社によって絶版状態になったまま店頭から消え、毎年の印税収入が急減したことを指摘。出版契約書には、再出版してくれそうな他出版社への権利移転を拒否できる条項があり、その撤廃を求めて英国議会などでロビー活動を進めているという。【hon.jp】

問合せ先:英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/solomon-once-well-known-authors-now-struggling-317464

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。