HON.jp News Blog

Apple社、サブスクリプション課金システムの料率を30%→15%に下げることを検討中

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英Financial Times紙によると、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)が、月額定額制の音楽・電子雑誌アプリなどを対象に、iTunes課金代行システムの料率を30%→15%に下げることを検討しているとのこと。

 これは、Apple社によるサブスクリプション制音楽サービスへの参入に合わせて、iPhone上でのユーザー獲得競争激化で苦しむ音楽・電子雑誌アプリベンダーを後方支援するための施策で、すでに大手音楽配信ベンダーや雑誌出版社などと協議に入っている模様。

 なお、記事によると、アプリ・ゲームなどで一般的に使われている単品課金については、従来どおり30%を維持する意向とのこと。【hon.jp】

問合せ先:英Financial Times紙の記事( http://www.ft.com/intl/cms/s/0%2F01a151fc-0b8b-11e5-8937-00144feabdc0.html#slide0

モバイルバージョンを終了