ポット出版、紙書籍に電子書籍を無料で提供する「プラス電書」サービスを開始、まず最新の2作品から

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ポット出版(本社:東京都渋谷区)は11月4日、全国どこの書店で購入しても電子書籍を無料で提供する「プラス電書」サービスを開始した。

 本サービスは、特定の書店チェーンに縛られず、どこで紙書籍を購入しても電子書籍版がもらえるという仕組みで、帯部分に電子書店共通のクーポンコードを印刷。現在、無料電子書籍版がダウンロードできるのはBookLive!・honto・紀伊國屋書店・BOOKSMARTの4サイトで、提携する電子書籍サイトは今後も増やす予定。

 対象書籍の第一弾となるのは、「電子図書館・電子書籍貸出サービス 調査報告2014」(植村八潮、野口武悟、電子出版制作・流通協議会)と「アーカイブ立国宣言 日本の文化資源を活かすために必要なこと」(福井健策、吉見俊哉、青柳正規、御厨貴ほか)。【hon.jp】

問合せ先:ポット出版のプレスリリース( http://www.pot.co.jp/news/20141104_144306493934463.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ