MITメディアラボ、書籍の主人公の感情を読者にフィードバックする肌着コンセプト「Sensory Fiction」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国マサチューセッツ工科大学(以後:MIT)のMedia Labsで、書籍の主人公の感情を読者にフィードバックする肌着のコンセプトが提案されている。

 このコンセプト機器はSensory Fictionと呼ばれ、読者は上半身に心臓の鼓動の変化や体温の変化、外部圧力を感じることができるハーネス状のセンサー機器を装着。それと連動するIC搭載書籍を読み進むと、呼んでいるページに併せて登場人物の感情をそのハーネスが再現し、読者の身体に伝えてくれるというもの。

 20年前に流行したVirtual Reality(仮想現実)の延長線と思われるアイデアだが、たしかに作品との一体感は増すかもしれない。【hon.jp】

問合せ先:Sensory Fictionの概要ページ( http://scifi2scifab.media.mit.edu/2013/12/19/sensory-fiction/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。