「ネットサーフィンの主力機は相変わらずパソコン」米国のネット調査会社が世界各国のアナリティクス・データを無料公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のネット調査会社StatCounter社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間12月16日、同社が蓄積しているブラウザ利用アナリティクスデータを無料で閲覧できるサイト「StatCounter Global Stats」を公開した。

 これに伴い、同社では世界全体のユーザー概況も発表。それによると、ネットサーフィン機器の主力は相変わらずパソコン(とくにWindows 7機)が76.1%のシェアを獲得しており、続いてスマートフォンが19.1%、タブレットが4.8%となっているとのこと。

 電子書籍ストアベンダーは、注目しておきたい数字だ。【hon.jp】

問合せ先:「StatCounter Global Stats」サイト( http://gs.statcounter.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: