オーストラリア下院の通信行政研究会、「消費者保護法を改正して、電子書籍の中古販売を可能にせよ」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、同じ英語圏である米国・英国からのデジタルコンテンツ輸入超過を危惧するオーストラリア下院の通信行政研究会が、対策案をレポートとして公開した模様。

 本レポートには電子書籍のDRM・地域制限・価格差についても多くの言及があるが、面白いのが「消費者保護法」を改正して電子書籍の中古販売を可能にすべきとの提案が盛り込まれていること。現在日米豪を含め極秘裏に進行しているTPPでは、著作権法などの知財制度の調整ももちろん主要議題の1つ。それに“消費者保護”というカードをぶつけ、外資の参入インセンティブを削ごうという考えのようだ。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://www.the-digital-reader.com/2013/07/30/ebook-prices-in-australia-are-so-bad/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事