増殖するOS、マイクロソフトがSurfaceタブレットを今春国内投入、来年にはFirefox OS、Ubuntu等も

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】今年から来年にかけ、電子書籍の制作現場関係者は、複数の新OSへの対応に追われることになりそうだ。

 日経新聞やImpress PC Watch等によると、マイクロソフトは今春にもWindows RTもしくはWindows 8を搭載した独自タブレット「Surface」を国内投入する模様で、すでにティザー広告を開始。その本社である米国Microsoft社では、年内にも次のWindowsである「Windows Blue」を発売する予定となっている。

 一方、韓国SamsungはスマートフォンOS「Tizen」、Mozilla FoundationはスマートフォンOS「Firefox OS」、英Canonical社は「Ubuntu for phones」「Ubuntu for tablets」を年内から来年にかけてリリースする予定。

 いずれにせよ電子書籍ユーザーが複数OSに分散していくことは必至で、デザイン調整から販売管理まで、電子書籍業界の現場は大忙しとなりそうだ。【hon.jp】

問合せ先:Impress PC Watchの記事( http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130225_589159.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事&広告