【個人作家向け】プログラマーのfujinyo氏、日本初のPWYW電子書籍販売サイト「言い値書店」をオープン

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】紙書籍・電子書籍の価格比較ができるサイト「電子書籍サーチ」などの運営で有名なフリープログラマーのfujinyo氏は1月30日、日本で初めてとなる“言い値”モデル(Pay what you want、略称:PWYW Model)の電子書籍販売サイト「言い値書店」をオープンした。

 PWYWモデルとは、ユーザーが好きな値段で購入できる販売モデルのこと。量子力学の技法からヒントを得た最新ビジネスモデルで、すでに米国では数年前からデジタルコンテンツ分野だけでなく、飲食店などさまざまな業界が実験を始めており、電子書籍業界では昨年、Humble Bundle社の電子書籍バンドル商品第1号が発売2週間で売上100万ドル(約8,000万円)を突破したことが話題となっている。

 「言い値書店」では、さっそく作品第1号として「虚構ヒズミラクル」(著:忌川タツヤ)の縦組みEPUB 3.0版が投稿されており、0円から好きな値段で購入できるようになっている。

 ビジネスの世界では、「合理的選択理論」に基づき、客は商品の選択肢が多い店舗を好むとされている。はたして“価格”の選択肢が多い店についてもその法則が適用されるのか、経済学的にも要注目だ。

 いずれにせよ、魔神がランプから放たれたことだけは間違いない。

告知※なお、弊社hon.jpのシステム部でも、来週、同サイトにEPUB電子書籍「個人作家のためのPWYWモデル入門〜“電子”書籍という呼び方がなぜ本質的に正しいのか〜」を投稿し、公開実験を開始する予定です。

【hon.jp】

問合せ先:「言い値書店」サイト( http://www.iineshoten.com/

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事