価格はなんと1,000円前後、独txtr社が単機能な小型E-Ink電子書籍端末「Txtr Beagle」を発表

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】ドイツの電子書籍ベンチャーtxtr GmbH社(本社:ドイツ・ベルリン市)は現地時間の10月9日、フランクフルト市で開催中の「Frankfurt Bookfair」会場で、価格9.90ユーロ(約1,000円前後)以下を実現する電子書籍端末「Txtr Beagle」を発表した。

 Txtr Beagleは、同社が運営する電子書籍販売サイト「Txtr.com」会員向けに設計された専用端末で、5インチ型の電子ペーパーディスプレイを搭載。既存の電子書籍端末で見られるほとんどの部品パーツを極限まで排除し、搭載メモリも大幅カット。単三電池2本で動作し、レンダリング処理もBluetoothシンクされたAndroidアプリ側に委ねる。さらに、欧米・アジア各国の携帯電話キャリアとの販売提携を挟むことで低価格を実現する模様で、どちらかというと電子書籍端末というよりもスマートフォン向けの“電子ペーパー・サブディスプレイ”に近い。

 Txtr社は3年前に、当時としては破格だった299ユーロ(当時のレートで約3.9万円)電子書籍端末「txtr Reader」を発表したことがあるが、その後に電子書籍販売サイトに転身し、ハードウェア販売からは離れていた。Txtr Beagleの出荷予定日はまだ明らかにされていない。【hon.jp】

問合せ先:txtr社のプレスリリース( https://static.txtr.com/sites-upload/corporate/files/txtr_beagle_release_1.pdf ※注:PDF形式)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /