Google Book Search裁判、Chin判事の判断を熟慮するため控訴審が一旦中断、またまた来年への持ち越しが確定

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、2005年に始まった「Google Book Search訴訟」はまだまだ長引くことが確実となった。米「paidContent.org」サイトによると、ニューヨーク連邦控訴審が現地時間9月17日、今後数ヶ月間ほど審議を一旦中断することを決定した模様。

 記事によると、Google側は今年6月にニューヨーク連邦地裁のDenny Chin判事が作家団体The Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)などが原告団に残ることを認めた件について控訴を申請。それを受理した控訴審だったが、Chin判事の判断を熟慮する必要があるとの判断から、数ヶ月審議進行を一旦止めることになったとのこと。

 袋小路状態になってすでに7年目となる本裁判だが、これで8年目に突入することが確定。文字どおり“無限地獄”と呼べる状態になっている。【hon.jp】

問合せ先:paidContent.orgの記事( http://paidcontent.org/2012/09/17/appeals-court-halts-proceedings-in-google-books-case/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告