Random House社の全売上に占める電子書籍の比率が27%に、その一方で親会社の独BertelsmannはIPOを断念

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」によると、独Bertelsmannグループが傘下の大手出版社Random House社(本社:米国ニューヨーク州)の2012年度1〜6月期の業績を明らかにした模様。

 記事によると、Random House各国法人の前半期売上高は「Fifty Shades of Grey」効果もあって9.47億ユーロ(約934億円)と前年同期比で急増しており、売上全体における電子書籍の比率も27%にまで達したとのこと。

 その一方、ドイツの現地新聞報道によると、今年IPOを計画していた親会社の独Bertelsmann社(本社:ドイツ・ギュータースロー)は、大株主であるMohn家の意向によりIPOを断念したとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2012/e-books-and-fifty-shades-drive-random-house-to-record-profits/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: