第3回 セミナーヴァージン喪失!―― 内藤みかの作家起業論

noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 私は四十冊以上出しているのに、アマゾンでの最高ランクは124位だった。果たして1位を獲るにはどうしたらいいのだろう。

 石井さんはメールマガジンでの効果的宣伝法や、ネットの社会での横の繋がりの必要性をセミナーで説いてくれた。そうすればお互いに宣伝したいものがある時に紹介しあって、協力することができるからだという。
 
 今までたったひとりで自著の宣伝をしていた私には、目からウロコの言葉だった。

内藤みか(ないとう・みか)

 1971年生まれ。作家。著書54冊。自著を売るためにネットを駆使しまくる日々。

公式HP
http://www.micamica.net
メールマガジン
内藤みかの“お安いのがお好き☆


別れても、バカな人
出版社:幻冬舎
発行:2002年6月
価格:1470円(税込)
*2005年2月幻冬舎より
文庫版も発売されました。

 ネットの世界では頻繁にセミナーの宣伝が行われているということを、私も知っていた。でも全く知らない人のセミナーに行くのは勇気が必要だった。

 それに会費は1万円以上もした。どんな人がいるのだろう。怖くてたまらなかった。その日(2003年12月9日)はセミナー後に石井さんの出版記念パーティーが新宿の高層ビル開催されるのでそちらも思わず申し込んだ。

 出版社の人がいらしているかもしれないし。知人が心配して、「さっきタロットで占ったら“テロに遭う”と出た。危険だからやめておけ」とまで言ってきた。一瞬怖くなってキャンセルしかけたが、思い切って出かけた。

 私はその前の年「あなたを買った夜」を出版した際、100人以上が集まる盛大なパーティーを開いたり、自力で100社以上にプレスリリースも送った。結果20誌以上の媒体に取り上げてもらった。

 なのにアマゾンでは6000位と惨敗だった。最高位は「別れても、バカな人」の124位だけれど、それは読売新聞に1/8面広告が載ったからだった。だからアマゾンランキングが上がる秘訣を、喉から手が出るほど欲しがっていたのである。

 石井さんのセミナーには数十人の人が集まっていて、その注目の高さが窺えた。ほとんどが男性で、私みたいに普通のワンピースを着た、OLではなさそうな女は、明らかに浮いていた。石井さんはセミナーの様子をビデオ撮りしていて、これもおそらくネットで売るのだろうなと考え、商売上手だなと感心した。

 石井さんはメールマガジンでの効果的宣伝法や、ネットの社会での横の繋がりの必要性をセミナーで説いてくれた。そうすればお互いに宣伝したいものがある時に紹介しあって、協力することができるからだという。

 そしてセミナーに来ていたメルマガ界の要人を紹介していた。私はその二人の顔を絶対忘れるものか、と記憶に叩き込んだ。

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告