『紙ひこうき、きみへ』野中柊(作)/木内達朗(絵)/偕成社/3月19日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『紙ひこうき、きみへ』表紙
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 だれかとだれかの気持ちををつなぐたいせつなものを、全ページオールカラーのみずみずしい絵とともにさわやかに描いた物語。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

紙ひこうき、きみへ

野中柊(作)/木内達朗(絵)/偕成社

内容紹介

紙ひこうき、きみへ シマリスのキリリのもとへ、ある朝、飛んできた青い紙ひこうき。「こんにちは。夕方には、そちらにつきます」と書いてあります。ごちそうを作って待っていると、ずっと旅をしているというミケリスのミークがあらわれました。キリリとミークは、なかよしのともだちになって、一緒に楽しい日々を過ごしますが、やがて、ミークが「もう行かなくちゃ」と━━はなればなれになったふたりをつなぐのは、はるか遠くの空へも、風に運ばれていく紙ひこうきでした。

 「会いたい」という想いを伝え合う紙ひこうきは、実は、ミークがキリリに贈った不思議なハサミで切り取られた「あるもの」で作られています━━ふたりの心を映すさまざまな色合いの「あるもの」とは、いったい、なんでしょう?

出版社からの備考・コメント

 この作品は最初に単ページ版、後ろに見開き版の2回分を掲載しています。文字の読みやすい単ページ版と、大きな絵が楽しめる見開き版で御覧ください。

おすすめコメント

【著者紹介】
野中 柊(のなか ひいらぎ)

1964年生まれ。立教大学卒業後、ニューヨーク州在住中の1991年に「ヨモギ・アイス」で海燕新人文学賞を受賞して作家デビュー。小説に『ヨモギ・アイス』『小春日和』(集英社文庫)、『銀の糸』(角川文庫)、『公園通りのクロエ』(祥伝社文庫)、『波止場にて』『猫をおくる』(新潮社)など、エッセイ集に『きらめくジャンクフード』(文春文庫)など、童話に「パンダのポンポン」シリーズ既10巻(長崎訓子 絵/理論社)、『ようこそ ぼくのおともだち』(寺田順三 絵/あかね書房)、「本屋さんのルビねこ」シリーズ既2巻(松本圭以子 絵/理論社)、絵本に『赤い実かがやく』(松本圭以子 絵/そうえん社)など著書多数。『すてきなおうち』(マーガレット・ワイズ・ブラウン 作/J.P.ミラー 絵/フレーベル館)など翻訳も手がける。

木内達朗(きうち たつろう)

1966年生まれ。国際基督教大学教養学部を卒業後渡米し、イラストレーションの勉強を始める。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、イラストレーション科卒業。イギリス・ロイヤルメールのクリスマス切手、ニューヨーク・タイムズ、ボストングローブ、ワシントンポストなどのイラストレーションを手がける。装画を手がけた作品に、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズ、下町ロケットシリーズなど。絵本に『氷河ねずみの毛皮』(宮沢賢治作 偕成社)『あめ ぽぽぽ』『ゆき ふふふ』(東直子作 くもん出版)『あかにんじゃ』(穂村弘作)『いきもの特急カール』(ともに岩崎書店)など。ほかに『チキュウズィン』(マンガ作品 新人物往来社)『木内達朗作品集TATSURO KIUCHI』(玄光社)がある。講談社出版文化賞さしえ賞受賞。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784035285809
本体価格:¥1,500 (JPY)
ジャンル:児童書/絵本
刊行日;2020/03/19

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/180959

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 646 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / /

関連記事&広告