『池上彰と現代の名著を読む 東工大・白熱読書教室』池上彰/筑摩書房/12月14日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『池上彰と現代の名著を読む 東工大・白熱読書教室』表紙
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 読書を知の武器にせよ!

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

池上彰と現代の名著を読む 東工大・白熱読書教室

池上彰/筑摩書房

内容紹介

池上彰と現代の名著を読む 東工大・白熱読書教室 現代史、AI、資本主義、生きがい…………

 私たちは一体どんな世界を生きているのか。

 理工系エリート×池上さん≒時代を斬る白熱議論!

 『FACTFULNESS』『ホモ・デウス』『the four GAFA(ガーファ)』………

 近年の話題書を池上さんと 一緒に総ざらい!!!

【目次】
〈第一部〉 なぜ歴史を学ぶのか

第1章◎「歴史に学ぶ」を複眼的に考える
 半藤一利著『世界史のなかの昭和史』を読む
第2章◎昭和史から学ぶリーダーの条件
 半藤一利×池上彰 著者を囲む読書会
第3章◎戦後につくられた「戦争」
 橋本明子著/山岡由美訳『日本の長い戦後』を読む

〈第二部〉 物事をやわらかく考える

第4章◎人間に生産性は必要なのか
 神谷美恵子著『生きがいについて』を読む
第5章◎僕らは世界の歴史のどこに立っているのか
 見田宗介著『現代社会はどこへ向かうか』を読む
第6章◎世界を「正しく」見るということ
 H・ロスリング、O・ロスリング、A・R・ロンランド著/上杉周作、関美和訳『FACTFULNESS』を読む

〈第三部〉 君たちはどんな未来を生きるか

第7章◎資本主義はどこまでいくのか
 S・ギャロウェイ著/渡会圭子訳『the four GAFA(ガーファ)』を読む
第8章◎宗教とアルゴリズムを制覇するには
 Y・N・ハラリ著/柴田裕之訳『ホモ・デウス』を読む
第9章◎巨大で、強力で、不透明な影響力
 C・オニール著/久保尚子訳『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』を読む

〈第四部〉 当たり前を疑え

第10章◎民主主義はアップデートできるのか
 S・レビツキー、D・ジブラット著/濱野大道訳『民主主義の死に方』を読む
第11章◎「大衆」が「大衆」と共存する時代
 オルテガ著/神吉敬三訳『大衆の反逆』を読む

本書に登場した図書一覧

【著者について】

池上 彰(いけがみ・あきら)
 1950年長野県生まれ。NHKで記者・キャスターとして、事件・事故・災害・教育問題・消費者問題など様々な分野のニュースを取材。2005年3月にNHKを退職し、フリーランスのジャーナリストに。ニュース解説者として各メディアに出演する傍ら、東京工業大学、東京大学など9つの大学で教鞭を執り、教育活動にも従事する。著書に『池上彰の憲法入門』(プリマー新書)、『お金で世界が見えてくる』(ちくま新書)、『池上彰の 未来を拓く君たちへ』(日本経済新聞出版社)、『世界を変えた10冊の本』『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう』『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』『学校では教えない「社会人のための現代史」』(以上、文春文庫)、『知の越境法』(光文社新書)ほか、多数。

おすすめコメント

 理系の学生諸君は絶対に選ばないであろう書籍を選び、定期的に集まって感想を述べ合い、意見を交わすことが、まるで禁断の実を食べているような甘美な時間だった

――本書「はじめに」より

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784480816818
本体価格:¥1,800 (JPY)
ジャンル:ビジネス/マネー , 自己啓発
刊行日:2019/12/14

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/179730

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 499 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ