『がっこうかっぱのおひっこし』山本悦子/市居みか/童心社/12月17日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 うまく自分を出せない子たちの背中をそっと押す物語。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

がっこうかっぱのおひっこし

山本悦子/市居みか/童心社

内容紹介

がっこうかっぱのおひっこし 友だちってどうやってつくるんだろう。みんなといるのに一人ぼっちなのは、一人でいて一人ぼっちなのよりうんとさびしい。小さな胸にそんな思いを抱えるけいくんに、がっこうかっぱは「気づかないうちになってるのが、友だちさ」といい、「きみががんばってるとき、さびしいのをがまんしているとき、わらっているとき、ないているとき、だれかがきみを見ているよ」と伝えます。

出版社からの備考・コメント

山本悦子(やまもとえつこ)
愛知県生まれ。『神隠しの教室』(童心社)で第55回野間児童文芸賞受賞。主な作品に『先生、しゅくだいわすれました』『二年二組のたからばこ』『がっこうかっぱのイケノオイ』『くつ、かくしたのだあれ?』「ポケネコにゃんころりん」シリーズ(以上、童心社)『夜間中学へようこそ』(岩崎書店)『おかわりへの道』(PHP研究所)など多数。日本児童文学者協会会員。

市居みか(いちいみか)
兵庫県生まれ。神戸大学教育学部美術科卒業。主な絵本の作品に『ねこのピカリとまどのほし』(あかね書房)『イモムシかいぎ』(小学館)「こぶたのブルトン」シリーズ(アリス館)さし絵の作品に『とっておきのはいく』(PHP研究所)『からすとかばのかいすいよく』(理論社)など多数ある。音楽と朗読の会や、絵本作りワークショップなども開催している。

おすすめコメント

 うまく自分を出せない子たちの背中をそっと押す物語。

販促プラン

 恐れ入りますが、この作品のネットギャリーでの閲覧は、書店関係者様、図書館関係者様に限らせて頂いております。ご了承ください。

 書店関係者様、図書館関係者様からのリクエスト受付は、12/16まで。 皆様のリクエストとレビューをお待ちしております!

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784494020591
本体価格:¥1,200 (JPY)
ジャンル:文芸小説 , 児童書/絵本
刊行日:2019/12/17

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/179042

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 496 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ