『檸檬の棘』黒木渚/講談社/11月5日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『檸檬の棘』表紙
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 孤高のミュージシャン、そして小説家。魂の最新長編書き下ろし。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

檸檬の棘

黒木渚/講談社

内容紹介

檸檬の棘「十四歳。私は父を殺すことに決めた」

 孤独と怒りを抱えた少女が、崩壊寸前の家族を捨て、 全寮制の中学校へ行くのは圧倒的なひらめきだった。

 家を出て行った父と、それを受け止めた母、静かに悲しむ弟。四人家族の輪から最初に抜けたのは、私。

 それでも私は「父親」という存在にいつまでも囚われている。

 許せない、苦しい、わかってほしい。

 私は「特別な子ども」になりたかった――。

「この話を書かずに、のうのうと作家人生を送れたら良かったのに――黒木渚」

 4年ぶりフルアルバム「檸檬の棘」同名小説、ついに刊行!

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

 この話を書かずに、のうのうと作家生活を送れたら良かったのに。

 一年間の憂鬱な執筆期間を経て、誰にも読まれたくない私小説を完成させてしまいました。

 「檸檬の棘」を書いたのは音楽家の私とは正反対の私です。臆病で、ひねくれもので、繊細な死にたがり。

 そんな自分と対峙しなくてはならず、自己嫌悪と恥ずかしさでどうにかなりそうでしたが、この作品なくして私の作家人生は始まらないのだろうという予感もありました。

 「檸檬の棘」を書き終えて以降、自分が創作するために生きているのか、生きるために創作しているのか分からなくなりました。

 この先、私は何もかもを犠牲にしながら作り続けてゆく気がします。

―― 著者より

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784065177549
本体価格:¥1,400 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2019/11/05

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/175797

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 497 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

コメントする

avatar
1000

関連コンテンツ