米Microsoft、Windows向け電子書籍ビューワソフト「Microsoft Reader」のサポート終了を正式発表

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Microsoft社(本社:ワシントン州レッドモンド)は現地時間の8月15日、同社が2000年頃からWindows PC/Windows Mobile向けに提供していた電子書籍ビューワソフト「Microsoft Reader」のサポートを来年で打ち切ることをサイト上で発表した。

 Microsoft Readerは、2000年前後のPDA電子書籍ブームの折りに、Palm社(当時)やAdobe社を追撃するためにMicrosoft社が投入した電子書籍ビューワ。日本国内では、紀伊國屋書店と提携することでデファクト電子書籍ビューワを目指した時期もあったが、Microsoft社自体が電子書籍市場から撤退した後はほとんどメンテナンスモードに置かれ、関係者からも忘れられた存在となっていた。

 今回の処置により、Microsoft Reader形式(.lit形式)の電子書籍作品は今年11月8日から新規購入ができなくなり、ユーザーサポートも2012年8月30日で打ち切られるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Microsoft社による告知( http://www.microsoft.com/reader/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /