『余命3年 社長の夢』小澤輝真/あさ出版/7月12日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

 元受刑者を日本でいちばん受け入れている企業が、北海道札幌市にあります。それが小さな建築会社「北洋建設株式会社」です。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

余命3年 社長の夢

小澤輝真/あさ出版

内容紹介

余命3年 社長の夢 元受刑者を日本でいちばん受け入れている企業が、北海道札幌市にあります。それが小さな建築会社「北洋建設株式会社」です。

 45年以上も前から、元受刑者を採用しており、その数は延べ500人以上、使ったお金は2億以上です。北洋建設株式会社の小澤社長は『脊髄小脳変性症』(「1リットルの涙」の主人公と同病)という進行性の難病に冒され、余命3年の宣告を受けています。

 次第に手足が不自由になり、話す言葉も不明瞭になっている状況。小澤社長の信念は「犯罪者であっても幸せになる権利がある。誰もが人の役に立つ力を持っている。」だといいます。その信念を通すため自らの命を削りながらも懸命に活動を進めています。

 本書は、限られた命をどう使うか、著者の取組みを通じて問いかける1冊となっています。

出版社からの備考・コメント

※原稿、並びに表紙画像につきましては決定稿ではないため発売時と変更がある場合がございます。

おすすめコメント

 法務省が2018年12月に初めて公表した「再犯防止推進白書」によると、2003年から2017年の間で、検挙者数に占める再犯者の割合は35.6%から48.7%まで上昇しているそうです。さらに2011~2015年に刑務所に再入所した人のうち、7割強は犯行時に無職でした。元受刑者が働ける環境づくりが国として重要な課題となっています。

 著者の取り組みは、各メディアなどでも知られつつありますが、まだまだ全国の人に知られていないのが現状です。ぜひその思いの一端を見ていただければ幸いです。

販促プラン

 ぜひご紹介よろしくお願いいたします。コメントなどを拡材などに使用する場合がございます。

※全ネットの報道番組にて北洋建設の取り組みが放送予定です。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784866671512
税抜価格:¥1,400 (JPY)
ジャンル:ビジネス/マネー , ノンフィクション
刊行日:2019/07/12

リンク

北洋建設株式会社
http://www2.snowman.ne.jp/~abcd/
日本財団職親プロジェクト(北洋建設株式会社)
https://shoku-shin.jp/project/interview/company/107/
「仕事があれば、再犯しない」。刑務所出所者を積極的に採用する「北洋建設」小澤社長の信念( ハーバー・ビジネス・オンラインについて)
https://hbol.jp/187729
余命3年の社長が前科者500人を雇う理由(PRESIDENT Online)
https://president.jp/articles/-/27615

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/167136

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About HON.jp News Blog編集部 337 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連記事