大英図書館、米Googleと提携し25万点の著作権切れ蔵書をスキャンへ

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】英国の大英図書館(本部:英国ロンドン)は現地時間6月20日、Google社(本社:米国カリフォルニア州)と提携して同館の著作権切れ蔵書の一部である25万点のデジタル版を制作し、無料公開する計画を発表した。

 同館が選択した資料を今後数年かけてGoogle社がデジタル化して、同館のWebサイトと「Google Book Search」経由で無料公開する。将来的には欧州のデジタル・ライブラリであるEuropeanaでも提供を予定している。デジタル化の費用は全額Google社が負担する。

 大英図書館は欧州通貨危機以降あたりから、政府による予算削減に苦しんでおり、民間企業との提携による蔵書スキャンを模索していた。過去には別蔵書群のスキャンについてMicrosoft社などとも提携したことがあり、今後もGoogle以外のIT企業との提携についても引き続きオープンであるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:大英図書館のプレスリリース( http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/The-British-Library-and-Google-to-make-250-000-books-available-to-all-4fc.aspx

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告