米ソニーが3G対応の電子書籍端末「Sony Reader Daily Edition」を12月発売、図書館ともシステム連携

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】ソニー現地法人のSony Electronics社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の25日に、同社の電子書籍端末「Sony Reader」では初となる3G対応モデル「Sony Reader Daily Edition」を発表した。

 このReader Daily Editonは、iPhoneと同じAT&T社の3G網を使う設計となっており、7インチのタッチ入力型の電子ペーパーディスプレイを採用。縦方向/横方向に画面が切り替わるようになっており、雑誌や新聞などのレイアウトにも対応するとのこと。価格は399ドルで出荷は12月の予定。

 なお、同モデルの発売と併せ、オーディオブック最大手のOverDrive社との提携も発表され、Sony Readerユーザーは専用ソフトを介し、OverDrive社と提携する米国各地の公立図書館から電子書籍を“レンタルダウンロード”可能になることも明らかにされた。【hon.jp】n

問合せ先:米Bloombergの報道( http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aUQ6aSx5_mQA )

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事