米アマゾンがデンバーに2書店をオープン、さらに映画館を買収か

 米アマゾンはコロラド州デンバー近郊に2店目の書店をオープンする予定であることをローカル紙BusinessDen.comが伝えたが、さらに全米27都市で50館、小規模ながらインディペンデント映画や、海外作品を上映する映画館チェーンであるLandmark Theatersの買収計画があるとブルームバーグが報道している。

 ランドマーク・シアターズは富豪のマーク・キューバンとトッド・ワグナー共同出資の会社が手放そうとしている映画館チェーンだが、アマゾンの他にも名乗りを挙げた企業があり、身売りの話もまだ最終決定しているわけではないという。

 もしアマゾンが買収することになれば、既に音楽ストリーミングや映画スタジオ事業といったコンテンツビジネスを持つアマゾンが、書店と同じように全米でブリック&モルタルと呼ばれるリアル映画館を持つことになり、自前の映画館で上映することを条件に映画のプロジェクトに参画できるようになる、とEブック関連のニュースサイト、「デジタル・リーダー」は分析している。

参考リンク

ビジネス・デンの記事
https://businessden.com/2018/08/16/amazon-to-open-bookstore-at-2nd-and-detroit-in-cherry-creek/
ブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-08-16/amazon-is-said-to-be-in-running-to-acquire-landmark-movie-chain
デジタル・リーダーの記事
https://the-digital-reader.com/2018/08/16/amazon-to-open-two-bookstores-in-denver-could-buy-a-movie-theater-chain/

投稿者: 大原ケイ

NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。