米NPO団体Benetech、教育機関向けにEPUB電子書籍ファイルのアクセシビリティを認証する「Global Certified Accessible」プログラムを開始

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍製作者向けブログサイト「EPUBSECRETS」によると、読書技術開発推進NPO団体Benetech(本部:米国カリフォルニア州)が、アクセシビリティ規格に準拠したEPUB電子書籍ファイルかどうかを認証する「Global Certified Accessible」プログラムを開始したとのこと。

 Benetechは、視覚障碍者や学習障碍者専用の電子書籍図書館プラットフォーム「Bookshare」の運営元であり、米国の提携教育機関を中心に、現在42.5万人のユーザーが同サービスを利用している。【hon.jp】

問合せ先:EPUBSECRETSの記事( http://epubsecrets.com/certified-accessible-ebooks.php

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ