エプソン、デジタル著作権管理に有効な超小型回路を量産化

《この記事は約 1 分で読めます》

 エプソントヨコム株式会社(本社:東京都日野市)は3月22日、ポータブルメディアプレイヤーなど向けに、デジタル著作権管理に有効なID-ROMを搭載したリアルタイムクロックモジュール「RX-8731LC」の量産を開始すると発表した。

 「RX-8731LC」は、基本的なカレンダー・タイマー機能に加え、ID-ROM、E2PROM、汎用I/Oポート(GP-IO)等、デジタルコンテンツ再生機器の多様な機能をサポートする周辺回路を1パッケージ化した超小型リアルタイムクロックモジュール。製造工程で内蔵ID-ROM(48bit) に、デジタルコンテンツの不正コピーや流出を防ぎ正規流通を促進するユニークなID情報を書き込み、出荷する。

 サンプル価格は900円/個、2007年6月より出荷開始。

関連リンク

セイコーエプソン株式会社の本件に関するプレスリリース
http://www.epson.jp/osirase/2007/070322.htm

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: