紙書籍を再び組版データに、三井物産系SI会社が電子書籍のコンテンツ・ソリューション事業を開始

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社ジェイエスキューブ(本社:東京都港区)は10月1日、電子書籍のコンテンツ・ソリューション事業に参入したことを発表した。

 同社は三井物産の100%子会社で、基幹システム開発から人材派遣・図書館運営まで行なう中堅SI会社。9月から稼働を始めた電子書籍コンテンツ・ソリューション事業では、同社が持つ業務系OCR・イメージング処理のノウハウなどを活かし、印刷された商業出版物からEPUB・Kindle等の電子書籍フォーマットやInDesign等の組版データに再変換する。さらにアーカイブや配信チャンネル開拓なども行なうとのこと。

 同社では、コンテンツの所有権はクライアントに帰属するものとし、経営戦略の自由度確保を狙うコンテンツ・ホルダーのニーズに応えていくとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:ジェイエスキューブの書籍コンテンツ制作・変換サービス( http://www.j-scube.com/service/ebook/content/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: