米Amazon、電子書籍の立ち読みビューワを「共有」ボタンと統合、ボタン一発でSNS上で埋め込み可能に

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は近日中にも、ブログ等で電子書籍の立ち読みビューワを表示させる方法を改善・簡略化させるとのこと。

 Amazon社は6年前からブログ等に電子書籍立ち読みビューワーをリンクさせる「Kindle for Web」機能を提供していたが、それは当時主流だったプロブロガー向けのHTML/Javascriptコード貼り付け形式で、その後TwitterやFacebookユーザー等の台頭で一般的となった「リンク共有」ボタンとは別系統のままとなっていた。今回、Amazonでは立ち読みビューワも後者側に統合し、商品ページ上の共有ボタンクリックだけで、ブログやSNS等に直接立ち読みビューワを貼り付けられるようにするとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2016/01/05/95903/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ