米国の電子書籍ビューワアプリ「BlueFire」、自国ユーザーよりも欧州ユーザーがメイン客に

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ドイツの出版業界ニュースサイト「buchreport.de」が、米国の独立系ソフトウェア企業Bluefire Production社(本社:米国ワシントン州)の現状についてレポートしている。

「Bluefire Reader」は、2010年のiPadブームのときにリリースされた無料の電子書籍ビューワアプリ。OEM向けのカスタマイズ開発がビジネスモデルで、公共図書館の電子書籍(Adobe DRM系)も読めるのがウリ。

 記事によると、2010年以降、英語圏ユーザーの大半はAmazon社やOverdrive社など大手ベンダー系ビューワアプリに刈り取られてしまい、結果的に欧州圏のユーザーが主要客になったとのこと。現在はとくにドイツ語圏のユーザーが多いという。【hon.jp】

問合せ先:buchreport.deの記事( http://www.buchreport.de/nachrichten/nachrichten_detail/datum/2015/08/19/deutsche-verlage-obenauf.htm

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告