小学館、ペーパーバック書籍&電子書籍の新ブックブランド「P+D Books」を5月に立ち上げ、昭和の名作を中心に

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社小学館(本社:東京都千代田区)は5月25日、ペーパーバック書籍&電子書籍の新ブックブランド「P+D Books(ピープラスディー)」を立ち上げる。

 P+D Booksは、後世に受け継がれるべき、現在入手困難となっている昭和の名作を集めた新レーベルで、B6判のペーパーバック書籍と電子書籍を同時に同価格で発売する予定。

 初回ラインナップは「山中鹿之助」(松本清張)「どくとるマンボウ追想記」(北杜夫)など16作品を予定しており、予価は390〜650円(税前)。【hon.jp】

問合せ先:小学館のプレスリリース( http://www.shogakukan.co.jp/st/files/20150316.pdf ※PDF形式)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: